シンポジウム「難病者の人権の確立を考える」

 

障害者権利条約の根底にある「障がいの社会モデル」の考えを、2011年に障害者基本法が採用し、2014年には日本も同条約を批准しました。

 

また、2015年1月から難病法が施行され、同年7月から、障害者総合支援法の対象となる難病者の範囲も広がります。

 

そこで、障がいの社会モデルの観点から、難病者の人権を保障する法制度を確立するための課題について、市民のみなさんとともに考える機会とするため、シンポジウムを開催いたします。

 

本シンポジウムは、日弁連が難病者の問題に正面から取り組む初めての企画です。

 

奮ってご参加ください。

 

日時

2015年7月31日(金)18時~20時30分(17時30分開場予定)

場所

弁護士会館2階講堂「クレオ」A→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

シンポジウムの
U-stream中継

本シンポジウムでは、難病や障がいのため、会場へお越しいただくのが困難な方々にもご参加いただけるよう、「U-stream」による中継を行います。U-streamは、インターネットの接続ができる環境があれば、個人のパソコンから下記URLにアクセスすることで、どなたでも視聴可能です。

 

icon_page.pngU-stream:シンポジウム「難病者の人権の確立を考える」

※インターネット回線の状況等によって、コマ落ち等の不具合や、映像・音声の切断等が生じる可能性もございますので、ご容赦ください。

 

icon_pdf.gif資料①(PDFファイル;1086KB)

icon_pdf.gif資料②(PDFファイル;2961KB)

参加費

参加費無料・事前申込不要

 

手話通訳・要約筆記あり
配付資料テキストデータ提供できます。詳しくは下記人権第一課までお問い合わせください。

内容

基調講演「障害者権利条約と難病者の人権について」

  • 講師:川島聡氏(岡山理科大学准教授 ・国際人権法・障害法)

特別報告「法律家からみた難病法制度の課題について」

  • 青木志帆(日弁連人権擁護委員会 障がいを理由とする差別禁止法制に関する特別部会委員)

◆リレー報告

  • 白井誠一朗氏(認定NPO法人DPI日本会議常任理事)
  • 篠原三恵子氏(NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会理事長)
  • 水谷幸司氏(一般社団法人日本難病疾病団体協議会事務局長)

icon_pdf.gifチラシ(PDFファイル;719KB)

icon_page.pngチラシ(Textファイル;3KB)

主催 日本弁護士連合会
お問い合わせ先

日本弁護士連合会人権部人権第一課
TEL:03-3580-9502
FAX:03-3580-2896
E-mail:0731sympo@nichibenren.or.jp
(※スパム対策として、@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。)