労働者派遣法・労働時間法制の規制緩和について考える院内学習会

 

現在、通常国会に、派遣労働の永続化や非正規雇用の拡大につながりかねないような内容を含む『労働者派遣法改正案』及び「高度プロフェッショナル制度」の創設や裁量労働制の対象範囲拡大を盛り込み、労働時間規制の緩和を目的とした『労働基準法等の一部改正案』が上程されています。今回の市民学習会では、これらの改正法案の問題点や労働法制の在り方について、皆さまと一緒に考える機会とさせていただきたいと思います。どうぞ、ご参加ください。

 

日時

2015年6月4日(木)18時~19時45分(開場:17時30分)

場所

衆議院第二議員会館B1階 第1会議室(定員120名)

参加費

参加費無料

参加対象・人数

120名

内容(予定)
  1. 基調報告 西谷 敏(大阪市立大学名誉教授)
  2. 日弁連からの報告
  3. 来賓挨拶
  4. 各団体からの挨拶
  5. 当事者発言
    など
申込方法

要事前申込

 

icon_pdf.gifチラシ兼申込書(PDFファイル;255KB)

主催 日本弁護士連合会
お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第一課
TEL 03-3580-9483

個人情報取り扱いについての記載:
日弁連では、本院内学習会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日弁連の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。