日本はどこに向かうのか ~集団的自衛権の行使容認に反対する全国キャラバン東京集会~

 

2014年7月1日、政府は、「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」とする閣議決定を行いました。また、2015年5月の連休前後には、集団的自衛権の行使等を可能にするための関連法案を上程すると言われています。


しかし、集団的自衛権の行使は、本来、憲法9条の下では許されないことです。これは、政府が長年にわたって繰り返し確認してきたことです。集団的自衛権の行使を容認することやこれらの立法措置は、憲法に反するだけでなく、立憲主義にも反します。


そこで、集団的自衛権の問題に関する理解を深めてもらうことを目的に、憲法に精通している方をお招きして、講演やリレートークを実施することにいたしました。みなさん、ぜひ本集会に御参加ください。


日時

2015年4月7日(火) 18時~20時

 

icon_pdf.gifチラシ(PDFファイル;565KB)

場所

弁護士会館2階 講堂「クレオ」( →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出入口直結)

参加費等 参加費無料(事前申込み不要)
内容(予定)

○特別講演
  石川健治さん(東京大学法学部教授・立憲デモクラシーの会呼びかけ人)


○憲法問題対策本部からの報告


○全国キャラバンの報告と今後の行動計画


○リレートーク
  那須弘平さん (弁護士/元最高裁判所判事)  
  川崎哲さん (集団的自衛権問題研究会代表/国際交流NGOピースボート共同代表)
  横湯園子さん(元中央大学教授)

主催 日本弁護士連合会
共催(予定) 東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、関東弁護士会連合会
問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9941
FAX:03-3580-2896