第7回法科大学院実務家教員研究交流集会

 

弁護士実務家教員全体の活動をさらに充実したものとするため、今年度も「法科大学院実務家教員研究交流集会」を開催いたします。

 

前半の分科会(ローヤリング、刑事実務、民事実務)では、教育の具体的手法や授業の実践例等について報告を行うとともに、法科大学院に求められるべき実務基礎教育について全国各地の実務家教員や研究者教員と意見交換を行います。

 

後半の全体会では、司法研修所弁護教官から導入修習の実施状況についての報告を受けると共に、法科大学院における実務導入教育の問題点及び司法修習との連携の在り方並びに具体的教育内容・方法等について、法科大学院関係者、司法修習関係者等の協力を得て、パネルディスカッションを行います。

 

奮って御参加ください!!

 

日時

2015年3月7日(土)13時~17時

※終了後に、弁護士会館地下1階にて懇親会を開催します。(会費:5500円/予定)。

場所

弁護士会館2階講堂クレオC、17階1702・1703・1704会議室→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費

無料

参加対象・人数

法科大学院の弁護士実務家教員、研究者教員、アカデミックアドバイザー、補助教員 など

内容

【分科会】

第1分科会 ローヤリング (報告と意見交換)

  • 第1部(報告)
    • ローヤリング授業における試みの紹介
      《報告者》 和田 仁孝(早稲田大学大学院法務研究科教授)
  • 第2部(意見交換)
    • 授業報告について
    • ローヤリングの共通的な到達目標
      《司会》  亀井 尚也(兵庫県弁護士会/関西学院大学法科大学院教授)

第2分科会 刑事実務 (パネルディスカッション)

  • 刑事実務基礎教育のあり方
  • 実務導入教育と司法修習との連携
    • 《司会》
        青木 孝之(東京弁護士会・一橋大学法科大学院教授)
    • 《パネリスト》
      村岡 啓一(一橋大学法科大学院教授)
      小泉 恒平(東京弁護士会)
      贄田 健二郎(東京弁護士会)
      本多 貞雄(東京弁護士会)
      高平 奇恵(福岡県弁護士会・九州大学法学研究院 助教)

第3分科会 民事実務 (模擬法律相談授業)

  • 法的思考力を養う民事実務教育とは初学者に「気づき」をもたらすモデル授業の一例
    • 《司会》
        山口 卓男(東京弁護士会・筑波大学法科大学院客員教授)
    • 《実演》 
      法科大学院センター民事実務研究会メンバー

【全体会】

報告・パネルディスカッション

法科大学院における実務導入教育の問題及び あるべき教育内容・方法
~導入修習の実施状況を踏まえて~

  • 《報告》
    永野 剛志(第二東京弁護士会・司法研修所民事弁護上席教官)
    設楽 あづさ(埼玉弁護士会・司法研修所刑事弁護上席教官)
  • 司法修習における導入修習の実施状況
    • 《司会》 
      竹内 淳(第二東京弁護士会)
    • 《パネリスト》
    • 永野 剛志(第二東京弁護士会・司法研修所民事弁護上席教官)
      設楽 あづさ(埼玉弁護士会・司法研修所刑事弁護上席教官)
      薮口 康夫(青山学院大学法務研究科教授)
      青木 孝之(東京弁護士会・一橋大学法科大学院教授)
申込方法

申込書に必要事項を記入のうえ、FAXにて事前にお申込ください(申込先着順・参加費無料)。


icon_pdf.gifチラシ兼申込書(PDFファイル;473KB)

主催 日本弁護士連合会
備考

弁護士実務家教員に限らず、アカデミックアドバイザーなどの補助教員、研究者教員の方も是非ご参加ください。

問い合わせ先

日本弁護士連合会法制部法制第一課

TEL:03-3580-9939/FAX:03-3580-9899

個人情報取り扱いについての記載:
御提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会もしくは日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍の御案内その他当連合会が有益であると判断する情報を御案内させていただくことがあります。