シンポジウム「ビッグデータ時代の消費者の個人情報保護」

 

ビッグデータとは、巨大で複雑なデータ集合の集積物を表す用語です。技術の進歩に伴い、大量のデータ保持及びソーシャルサービスや無線デバイスの普及により、利用者のリアルタイムデータを取得し集積することが可能となりました。


これにより、ビジネスや社会に有用な知見を得たり、これまでにないような新たな仕組みやシステムを産み出す可能性が高まるといわれているものの、他方で情報の集積によるプライバシーへの影響や消費者に与える危険も危惧されているところです。


これについて、内閣官房に設置された高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部は「パーソナルデータの利活用に関する制度改正大綱」及び個人情報保護法の改正を含む新たなフレームワークを発表しました。また、ヨーロッパでは、EU個人データ保護規則が欧州議会で採決されるなど、個人情報を巡る制度は大きく動いている状況です。


本シンポジウムは、個人に関する情報保護について、現状を確認するとともに,今後の在り方を検討するものです。多数のご参加をお待ちしております。 

 

日時

2014年10月30日(木) 18時~20時(開場:17時30分)

場所 弁護士会館17階1701会議室→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費等

参加費無料・事前申込不要(定員120名)

内容

■基調講演
新保 史生 氏(慶應義塾大学総合政策学部教授)
板倉 陽一郎 氏(弁護士)


■パネルディスカッション
◆パネリスト
奥野 弘幸 (日弁連消費者問題対策委員会副委員長)
坂本   団 (日弁連情報問題対策委員会委員長)
上記基調報告者2名


◆コーディネーター
壇   俊光 (日弁連消費者問題対策委員会委員)

 

icon_pdf.gifチラシ(PDFファイル;309KB)

主催 日本弁護士連合会
お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課

TEL:03-3580-9957/FAX:03-3580-2896 

個人情報取り扱いについての記載:
当日は、日弁連職員による撮影があり、撮影した映像・画像は、日弁連の広報に使用される可能性がございます。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお知らせください。