書籍「提言 患者の権利法 大綱案」出版記念・第2弾 患者の権利法に関する医療団体との意見交換会

 

当連合会は、2013年9月、「患者の権利に関する法律大綱案の提言」について書籍を出版いたしました。


当該書籍の出版を記念して、当連合会の提言する患者の権利法について紹介した上で、患者の権利法とは何か、その制定の意義・必要性について、率直な意見交換を公開の場で行います。皆さま是非お集まりください。

日時 2014年2月15日(土)13時30分~17時(開場:13時)
場所 

弁護士会館14階1401会議室→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費等

入場無料・事前申込不要
※当該意見交換会は、一般公開ですので、医療団体以外の方々にも傍聴いただけます。

プログラム(予定)

1大綱案の概要説明(日弁連)
2参加団体からの御挨拶
3患者の権利法に関する意見交換

 

icon_pdf.gifチラシ(PDFファイル;891KB)

主催 日本弁護士連合会
問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第一課

TEL:03-3580-9483

※日本弁護士連合会では、本意見交換会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。