埼玉弁護士会主催・日本弁護士連合会共催 市民集会「まっぴらごめん冤罪被害~『新時代の刑事司法制度』は危ない!」

 

法務大臣の諮問機関である法制審議会の「新時代の刑事司法制度特別部会」での現在の審議内容を見ると、被疑者・被告人の権利を守ることによって冤罪被害をなくそうという方向と逆行しています。

 

冤罪被害を出さないためには、取調べの可視化(取調べの全過程の録画)、弁護人の立会、証拠の全面開示が必要です。

 

この集会は、市民の皆様が刑事司法の専門家や冤罪被害者とともに、日本の刑事司法の現状と将来を考える絶好の機会です。是非、ご参加ください。

 

icon_page.png埼玉弁護士会ホームページ

 

日時 2014年2月3日(月)18時~20時30分(17時45分開場)
場所 

さいたま共済会館601・602

(さいたま市浦和区岸町7-5-14)

アクセス JR京浜東北線「浦和」駅西口から徒歩約10分。「県庁前(東)」交差点を左折。

icon_page.png会場地図

参加費

参加費無料

内容

●基調報告

  • 渕野 貴生 さん(立命館大学教授)

 

●弁護士による寸劇

 

●パネルディスカッション

  • 渕野 貴生 さん(立命館大学教授)
  • 江川 紹子 さん(ジャーナリスト)
  • 桜井 昌司 さん(布川事件冤罪被害者)
  • 泉澤  章 さん(弁護士)
申込方法

事前申込不要(直接会場にお越しください。)

主催 埼玉弁護士会
共催 日本弁護士連合会、関東弁護士会連合会
問い合わせ先

埼玉弁護士会

TEL 048-863-5255 (平日9時〜17時)