「全国一斉生活保護『水際作戦』ホットライン」を実施します

 

先の通常国会に政府が提出した「生活保護法の一部を改正する法律案」に対し、日本弁護士連合会は、①違法な水際作戦を合法化する、②保護申請に対する一層の萎縮的効果を及ぼすとして、「生活保護の利用を妨げる『生活保護法の一部を改正する法律案』の廃案を求める緊急会長声明」を公表し、各弁護士会の会長声明や決議、国民各階層各分野での反対運動の広がりなどとも相まって、同法案の廃案という成果を挙げることができました。

しかし、本年10月中旬の開会が見込まれる秋の臨時国会において、政府が再度同様の法案を提出することは確実です。

そこで、日本弁護士連合会は、秋の臨時国会での審議が、生活保護申請の現場でいま現実に起こっている「水際作戦」の深刻な実情を踏まえた、充実したものとなるよう、「全国一斉 生活保護『水際作戦』ホットラインを実施することといたしました。

 

全国の弁護士会において本年10月23日(水)を中心とした日程で、全国統一フリーダイヤル【0120-158-794】(ひんこんは なくす) で実施いたします。お気軽にお電話ください。

 

全国一斉生活保護ホットライン(フリーダイヤル)
2013年10月23日(水)10:00~22:00
0120-158-794(ひんこんはなくす)

 

※フリーダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。なお、上記時間内は、話中時でも他の地域の弁護士会につながるように設定されています。

※弁護士会によっては、独自の開催日程や直通番号を設けておりますので、必ず添付の「実施案内」をご確認の上、おかけください。

※回線混雑等の事情によりつながりにくい場合もございますのであらかじめご了承ください。また、上記フリーダイヤルを始め、各地のホットライン専用電話番号は、実施日時以外はご利用になれませんので、ご注意ください。

 

問い合わせ先
  • 日本弁護士連合会人権部人権第一課
    TEL:03-3580-9500 / FAX:03-3580-2896 
  • 各地の実施内容につきましては、「実施案内」をご参照の上、各弁護士会にお問い合わせください。