第56回人権擁護大会プレシンポジウム「福島原発事故被害の補償・救済はこれでよいか?」

 
当連合会は、本年10月3日に広島市で開催する第56回人権擁護大会において「放射能による人権侵害の根絶を目指して―ヒロシマから考える、福島第一原発事故と被害の完全救済、そして脱原発へ―」というテーマでシンポジウムを開催いたします。



福島原発事故から2年が経ちましたが、いまだ事故が収束する見通しもなく、多くの被害者が避難し、放射線への不安を抱えながら時間の止まった福島県内で生活を続けています。



当連合会ではこれまで被害の損害賠償について調査・研究をしてきましたが、前記第56回人権擁護大会シンポジウムにつなげることを目的に、プレシンポジウムとして、下記の内容でシンポジウムを開催することとしました。



今回は、福島原発事故被害の損害賠償をめぐる現実に焦点を当て、問題点と今後の課題について有識者から講演をいただき、意見交換をいたします。奮ってご参加ください。


日時 2013年6月8日(土) 13時30分~16時30分(13時受付開始)
場所  弁護士会館2階講堂「クレオC」→会場地図
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
参加費等

参加費無料・申込不要【定員100名】 

PDF チラシ(PDFファイル;170KB)

内容(予定)

※プログラムは多少変更する場合があります。

【第1部】基調報告と問題提起

①基調報告 
テーマ:「福島原発事故の損害賠償の法理をどう考えるか」
 淡路剛久氏(日本環境会議理事長、立教大学名誉教授)



②問題提起
 
 除本理史氏(日本環境会議常務理事、大阪市立大学教授)
 小海範亮氏(弁護士、第二東京弁護士会所属)


【第2部】パネルディスカッション
テーマ:「福島原発事故被害の補償・救済をめぐる現状・問題点・今後の課題」


(コーディネーター)
 寺西俊一氏(日本環境会議事務局長、一橋大学教授)
(パネリスト)
 淡路剛久氏
 除本理史氏
 小海範亮氏
 小島延夫氏(弁護士、原子力損害賠償紛争解決センター仲介委員、東京弁護士会所属) 

主催 日本弁護士連合会
問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課

TEL:03-3580-9509/FAX:03-3580-2896

※当連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、当連合会の会員向けの書籍のほか、当連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。