取調べの可視化を求める院内集会 新しい国会で、取調べの可視化の実現を!

 

取調べの可視化とは、被疑者等の取調べの全過程を録画することです。


2012年10月に明らかになったPC遠隔操作による脅迫メール事件では、誤認逮捕された4人のうち少なくとも2人が虚偽の自白調書を作成されていたことが判明しました。2010年3月に再審無罪判決が出た足利事件、2010年9月に一審で無罪が確定した厚生労働省元局長事件、2011年5月に再審無罪判決が出た布川事件など、えん罪事件が相次いでいます。

 

密室取調べでの不適正な取調べを防止し、えん罪を作らないためには、取調べのすべてを録画して、後で検証できる体制を確立することが不可欠です。


現在、取調べの録画・録音の法制化を含む刑事司法制度改革について、法制審議会で議論が行われています。この院内集会では、取調べの可視化をめぐる最新の動向と、取調べの可視化がなぜ必要かについて解説します。


どうぞ御参加ください。

 

※定員に達したため、一般の方のお申込みを締め切らせていただきました。

日時 2013年1月24日(木)12時~13時(11時45分開場)
場所 

参議院議員会館地下1階 B107会議室(B103会議室から変更になりました)

東京都千代田区永田町2-1-1
 ○ 東京メトロ丸の内線・千代田線「国会議事堂前」駅 1番出口徒歩7分
 ○ 東京メトロ有楽町線「永田町」駅 1番出口徒歩5分

内容(予定)

(1) 基調報告「取調べの可視化の必要性と制度化をめぐる情勢」
   青木 和子さん(弁護士/布川事件弁護団、法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会委員)

(2) 事件当事者・関係者の声 市民の声
   桜井 昌司さん(布川事件 えん罪被害者) ほか

申込方法等

※添付の参加申込書でお申し込みください(参加費無料・事前申込制)。

PDFチラシ兼申込書(PDFファイル;32KB)

主催

取調べの可視化を求める市民団体連絡会

 

【呼びかけ団体】

 ○ アムネスティ・インターナショナル日本

 ○ 監獄人権センター

 ○ 日本国民救援会

 ○ ヒューマンライツ・ナウ

共催 日本弁護士連合会
問い合わせ先 ○ アムネスティ・インターナショナル日本 TEL 03-3517-6777
○ 監獄人権センター TEL 03-5379-5055
○ 日本国民救援会 TEL 03-5842-5842
○ ヒューマンライツ・ナウ TEL 03-3835-2110
○ 日本弁護士連合会 法制部法制第二課 TEL 03-3580-9876
御提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会若しくは日本弁護士連合会が委託した第三者より、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍の御案内その他当連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。