市民集会「一部録画は『可視化』じゃない~えん罪自白を“体感”する~」

法務省の法制審議会では、取調べの録音・録画の制度化を含む刑事司法制度のあり方を議論しています。捜査機関等は、現在運用で行われている取調べの一部の場面の録画で十分と主張していますが,弁護士会や市民団体は、不適切な取調べを防止し、えん罪を防ぐため、取調べの可視化、すなわち取調べの全過程の録画を求めています。この集会では、取調べの一部だけ録画することの問題について、社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」によるパフォーマンスを通じて、分かりやすく、楽しく“体感”していただき、あるべき制度を考えます。どうぞご参加ください。

 

PDF 取調べの可視化を求める市民集会 チラシ(PDFファイル;1.7MB)



※本集会のユーストリーム配信は終了しました。

 

 

日時 2012年11月7日(水)18時45分~20時45分(開場18時30分)
場所

弁護士会館2階講堂クレオ→会場地図
千代田区霞が関1-1-3
(地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結、地下鉄有楽町線「桜田門」駅(5番)徒歩8分)

参加費等 入場無料(事前申込不要)
内容
(予定)

○報告
 法制審議会「新時代の刑事司法制度特別部会」の議論状況

○パフォーマンス
 出演 ザ・ニュースペーパー(山本天心/浜田太一/石坂タケシ)

○パネルディスカッション
 齊藤 潤一さん(東海テレビ報道部ディレクター)
 田口 真義さん(裁判員経験者)
 小坂井 久さん(弁護士、法制審議会「新時代の刑事司法制度特別部会」幹事)

主催 日本弁護士連合会/取調べの可視化を求める市民団体連絡会(※)
共催 東京弁護士会/第一東京弁護士会、第二東京弁護士会/横浜弁護士会/千葉県弁護士会
問合せ先 日本弁護士連合会法制部法制第二課
TEL:03-3580-9876/FAX:03-3580-9920

 

(※)取調べの可視化を求める市民団体連絡会
2010年12月に「待ったなし!今こそ可視化の実現を~冤罪はこうして作られる~」(東京)を主催した、「取調べの可視化を求める市民集会実行委員会」を母体として活動を開始した市民団体のネットワークです。

 

呼びかけ団体:アムネスティ・インターナショナル日本/監獄人権センター/日本国民救援会、ヒューマンライツ・ナウ)