国際シンポジウムin広島「イギリス・中国 海外の専門家が語る取調べの可視化―可視化で捜査実務は変わったのか」

自白の強要によるえん罪事件が相次ぐ日本で、取調べの可視化(取調べの全過程の録画)の実現が今こそ求められています。日本の捜査官たちは、取調べの可視化によって捜査が進まなくなる、被疑者が本当のことを言わなくなる、などと主張していますが、本当でしょうか?

 

世界各国では、日本に先立ち、取調べの可視化が広がり、既に可視化を実現した国や州、警察署の取組があります。世界のこのような取組は、日本の捜査官の懸念を吹き飛ばします。

 

そこで、イギリスからロジャー・ミルバーン氏をお招きし、同国における取調べ技術に関する講演をしていただくことになりました。また、河村有教准教授からは、中国における可視化に関する講演をしていただきます。

 

皆様のご参加を期待しています。

 

なお、4月4日に東京で、5日に大阪でもロジャー・ミルバーン氏を含めたゲストスピーカーによる講演・パネルディスカッションが行われます。

 


 

【国際シンポジウムin広島】
日時 2012年4月6日(金)13時30分~16時
場所 広島弁護士会館5階→会場地図
(広島市中区上八丁堀2-66)
参加費等 参加費無料、逐次通訳あり、事前申込不要
内容(予定)
■講演
<講師>
・ロジャー・ミルバーン氏(元イギリス メトロポリタン警察)
・河村 有教氏(海上保安大学校准教授)


pdfチラシ(PDFファイル;562KB)を御参照ください。 (※内容は変更する場合があります。)


問合せ先 広島弁護士会
TEL:082-228-0230/ FAX:082-228-0418
主催
日本弁護士連合会
共催
関東弁護士会連合会、東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、近畿弁護士会連合会、大阪弁護士会、中国地方弁護士会連合会 、広島弁護士会