今こそ、個人通報制度の実現を!大集会

個人通報制度の実現をマニュフェストに掲げた新政権が誕生し、2年半余りが過ぎました。私たちは、新政権に期待を寄せその実現を求めてきましたが、未だ批准の運びとはなっていません。

 

日本の人権状況改善のため、広く市民、NGO、国会議員などが手を繋ぎ、個人通法制度の早期実現を求める集会を開催いたします。国際人権条約を扱った国内外の事例や今後の課題を取り上げ、個人通法制度の早期実現に向けた機運をさらに盛り上げていきたいと思います。

 

多数のみなさまの御参加をお待ちしております。

 

日時 2012年4月5日(木)18時~20時30分
場所 弁護士会館2階講堂「クレオ」→会場地図
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
参加費等

参加費無料・事前申し込み


※事前の参加申込みは必須ではありませんが、資料作成の都合上、宜しければ添付のチラシに必要事項を御記入の上、FAXにてお申込みください。


PDF チラシ兼申込書(PDFファイル;940KB)

 

内容(予定)

ディスカッション
 パネリスト

 ・安藤仁介氏(国連自由権規約委員会元委員長)
 ・林陽子氏(国連女性差別撤廃委員会委員)
 ・土屋美明氏(共同通信社論説委員)
 ・国会議員(要請中)


NGO報告

 

主催 日本弁護士連合会
共催 国際人権活動日本委員会、国内人権機関と選択議定書を実現する共同行動、自由人権協会、日本国民救援会、日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク、ヒューマンライツ・ナウ、関東弁護士会連合会、東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、横浜弁護士会、埼玉弁護士会、千葉県弁護士会
問い合わせ先 日本弁護士連合会国際課 電話03-3580-9741(直)