シンポジウム「『非行少年』に、もっと弁護士を! ~今こそ、全面的国選付添人制度の実現を!!」

少年事件により家庭裁判所で審判を受ける少年に、国費で弁護士付添人を選任する国選付添人制度は、2007年11月に拡大されました。 

 

しかし、国選付添人の対象事件は、殺人や強盗などの重大事件に限られており、その選任数は、少年鑑別所に収容された少年の約3.2%にすぎません(2010年)。


当連合会では、早急に少年鑑別所に収容された全ての少年の事件を対象とした「全面的国選付添人制度」を実現するべきであると考えております。


そこで、少年事件で弁護士付添人が果たしている役割と国選付添人制度拡大の必要性について改めて考える機会として、下記のとおりシンポジウムを開催することといたしました。



是非、御参加ください。

 

PDF チラシ(PDFファイル;286KB)

 

日時 2011年12月12日(月) 18時~20時
場所 弁護士会館2階講堂クレオA→会場地図
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)


※車での御来場は御遠慮ください。
参加費等 無料・事前申込不要
内容

基調報告

「なぜ全面的国選付添人制度が必要か?」


講演

「『まさに今』少年に支援が必要なとき」
 杉浦ひとみ氏(弁護士・東京弁護士会)

 

リレートーク

 葛野尋之氏(一橋大学大学院法学研究科教授)
 横川和夫氏(ジャーナリスト・元共同通信社記者)

 少年事件を経験した元少年

主催 日本弁護士連合会
お問い合わせ 日本弁護士連合会 人権部人権第一課
TEL:03-3580-9502/FAX:03-3580-2896