シンポジウム「入管収容の収容代替措置を考える~外国人の収容を回避するために~」

日本の入国管理局収容施設に関しては、収容の長期化など、様々な問題点が指摘されてきました。長期収容者の中には難民認定申請者も多く含まれており、問題が深刻化しています。



このような収容問題に関して、近年、諸外国では収容を制限し、収容に代わる「収容代替措置 (Alternatives to Detention)」を導入する動きが見られます。また、日弁連と法務省は、収容にまつわる諸問題についての協議を始めています。今回のシンポジウムでは、法務省入国管理局などの政府関係者、関係NGO、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が一堂に会し、日本における収容問題の改善と、収容代替措置の導入の可能性について広く議論します。多くの皆さまの御参加をお待ちしています。



PDF チラシ (PDFファイル;315KB)

 

日時 2011年10月15日(土)14時~17時(会場13時30分)
場所 弁護士会館2階講堂「クレオ」BC→会場地図
※クレオAから変更になりました
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
参加対象 どなたでもご参加いただけます(日本語同時通訳あり)。
参加費等 無料・事前申込み不要
内容 第1部 基調報告
(報告者)
  グラント・ミッチェル氏(国際拘禁連盟:IDC 代表)



第2部 パネルディスカッション

(パネリスト)
 グラント・ミッチェル氏(IDC代表)
 ダニエル・アルカル氏(国連難民高等弁務官事務所首席法務官)
 法務省入国管理局
 なんみんフォーラム(FRJ)メンバー
主催 日本弁護士連合会、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
お問い合わせ 日本弁護士連合会 人権部人権第一課
TEL:03-3580-9554/FAX:03-3580-2896