日本弁護士連合会では、「性別による差別的取扱い等の防止に関する規則」を定め、弁護士によるセクシュアル・ハラスメントや性別による差別的取扱いの発生に対して、プライバシーを保護しながら、適切にこれに対処するよう、専門の「相談員」が相談をお聴きします。

 

「セクシュアル・ハラスメント」と「性別による差別的取扱い」

「セクシュアル・ハラスメント」とは

他人に不快感を感じさせる性的な言動をすることを意味します。

< 例 >

  • 身体的特徴や容姿の善し悪しを話題にすること
  • 食事等にしつこく誘うこと
  • 「男のくせに」「女性は職場の花でいてほしい」等の発言をすること
    等。

「性別による差別的取扱い」とは

生物学的又は社会的な性差を理由として差別的な取扱いをすることを意味します。

< 例 >

  • 募集・採用の対象を男女のいずれかのみに限定する
  • 採用条件や選考基準を男女別にする
  • 業務分担を男女別にする
  • 教育訓練の条件・内容等について男女で差を設ける
  • 婚姻・妊娠・出産等を理由として女性に対し不利益取扱いをする
    等。

その他、具体的な例は→「性別による差別的取扱い等の防止に関する指針」pdf(PDFファイル;46KB)をご覧ください。

 

 

相談の対象

下記の範囲に含まれるものに限定しています。一般のセクハラ相談は各地法律相談センターの法律相談を御利用ください。

 

  1. 相談者が、弁護士会(当会も含む)、弁護士会連合会又は法律事務所の職員(以上については、過去に勤めていた方や将来勤める予定の方も含む)、依頼者、相談者、会員、司法修習生、会員の法律事務所で研修中の方、であること。会員が弁護士として職務する際に関わる者全般が対象となります。
  2. 弁護士の「事務所における活動」、「弁護士会等における活動」、「会員の職務」における、セクハラおよび性別による差別的取扱い

 

< 例 >
  • 弁護士の法律事務所で行われた行為
  • 弁護士会の委員会業務やシンポジウムで行われた行為
  • 法律相談で行われた行為
    等。

ただし、弁護士が所属する弁護士会に苦情相談制度があり、既に苦情相談をお申し出されていた場合や、弁護士会への申出を希望する場合には、本会への申出は受理されません。

 

対象に当たるか分からない場合は、まずはご相談ください。

 

相談の流れ

苦情相談には、原則として一人の相談員が当たり、事実関係を聴取して、解決に向けた助言を行います。

 

また、必要に応じて、相談員名簿から選ばれた3名以上の調査委員からなる調査委員会が設置され、関係者からの事情聴取等、事実関係の調査が行われます。

 

そして、調査結果に基づき、相手方弁護士に対する助言・勧告、相手方弁護士が所属する事務所又は弁護士法人の関係者に対する予防及び解決のための対処等の要請、謝罪等のあっせんが行われます。

 

苦情相談申出→相談→調査委員会による調査→措置

 

プライバシー

相談者名や相談の具体的な内容は、担当相談員、調査委員および当連合会が把握し、正当な理由なく開示され、第三者に知られることはありません。

 

また、担当の相談員が「自分の事務所の弁護士と知り合いかどうか心配だ。」という場合には、お問い合わせの際に御相談ください。

 

個人情報の取扱いについて

御提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会の「性別による差別的取扱い等の防止に関する規則」に基づき、厳重に管理し、相談に係る事務・情報連絡・保管等のために利用いたします。

 

また、この個人情報は、日本弁護士連合会の差別的取扱い等相談担当窓口、規則運営事務局、担当相談員、調査委員会の委員の間で共有し、相手方に対する助言又は勧告等の措置が行われた時には事案に関連する当該弁護士会に対して通知することがあります。

 

 

申立て窓口

差別的取扱い等相談担当窓口(日本弁護士連合会人権部人権第二課)

電話 03-3580-9841(代表)
ファックス 03-3580-2896
電子メール jfba-danjyo-soudan@nichibenren.or.jp
(※スパム対策として、@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。)
書面の郵送 〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3
日本弁護士連合会 人権第二課宛て