外国人の方へ

現在、在留資格を有する外国人登録者数は約200万人です。このほかに、在留資格のない外国人が約10万人いるといわれています。

 

外国人の方は、言葉、文化、制度の違いなどにより、日本人以上に法的トラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

「在留資格の取得や延長について知りたい」「日本人と結婚して子どももいるが、在留資格がない。何とか日本に残る方法はないか」「外国人というだけで入居を拒否されたのは差別ではないのか」など、外国人であることによる法的問題はさまざまです。外国人相談窓口を設けている弁護士会もありますので、一人で問題を抱え込まずに、ぜひ弁護士にご相談ください。

 

 

→外国人の入国在留手続について

 

 

→Legal Counseling for Foreigners(English)