裁判によらない解決方法(ADR)

何らトラブルなく日々の生活を送ることができれば理想的ですが、現実にはさまざまなトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

 

当事者同士で話し合いによって解決できればいいのですが、それが難しい場合があります。

 

そんなとき、「裁判沙汰にまでしたくないので我慢しよう」「弁護士費用をかけてまで争いたくない」「長期間の裁判でわずらわされたくない」などと考える方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、裁判だけが紛争解決手段ではありません。裁判より簡易な解決手段の一つとして、多くの弁護士会に裁判外紛争解決機関(ADR)として仲裁センターや紛争解決センターが設けられています。ADRでは、審理期間平均4か月という速さで、多くの事件が解決されており、紛争解決の一手段として大きな役割を果たしています。

 

あなたが今抱えている問題は、意外に早く、多額の費用をかけずに解決できる可能性があります。小さなトラブルが大きなトラブルとならないためにも、ぜひ、お早めに各地の仲裁センター・紛争解決センターにご相談ください。