労働問題

労働者側

「長時間働いているのに、残業代が支払われない」「理由もなく解雇された」「仕事中怪我をしたが補償がでない」「セクシャルハラスメントにあった」「採用内定を貰っていたのに会社の都合で突然取り消された」など、職場では様々な問題が発生します。

 

こんなとき、あなたが一人で交渉しようとすると、使用者との力の差から、一方的に不当な条件を押し付けられ、正当な権利を主張できず泣き寝入りとなってしまうかもしれません。

 

労働者の権利は、労働基準法、労働契約法などの法律で守られています。職場で不当な扱いを受けたら、弁護士にご相談ください。

 

 

使用者側

使用者も、事業をすすめていく中で、労働者との関係で、様々な問題に直面します。当然のことながら、使用者も正しい法律知識を前提に対処しなければなりませんが、労使関係を規制した法律は、労働基準法、労働契約法だけではなく、多岐にわたります。弁護士は法律の専門家として、労使関係についての様々なご相談に乗ります。