知的財産

「私の発明はどうしたら特許権で保護されるのか」「有名な曲を店のBGMとして流してもいいのか」「小説家の父が亡くなったけれど、著作権は相続できるのか」「自社の特許製品と同様の製品が出回っているがどうしたらいいか」「インターネットで公開されている写真を使用してもいいのか」「うちのロゴマークと似ているマークを使用する会社があるが、問題はないのか」など、特許権、著作権、商標権などの知的財産権をめぐってはさまざまな問題があります。

 

知的財産は、「もの」ではなく、「財産的な価値をもつ情報」であるため、真似されやすく、また、利用されても消費されないため、多くの人々が同時に利用できる、という性質があります。このために、知的財産権をめぐるトラブルは、複雑になりやすく、ご自身で解決するのは困難です。「これは知的財産権の問題かな?」と思ったら、ぜひ弁護士にご相談ください。