犯罪被害・民暴

犯罪被害者支援

突然犯罪に巻き込まれ、身体的・精神的な問題のみならず、経済的な問題を、一人で抱え込んでいませんか。

 

弁護士は、「犯人を処罰したい」「事件の内容を詳しく知りたい」「損害賠償を請求したい」「マスコミに追われて困っている」など、犯罪の被害にあわれた方のニーズに沿って、民事・刑事の両面において、被害の回復に必要な法的アドバイスをします。

 

犯罪被害にあわれた方を支援するための制度、例えば、被害者等通知制度、犯罪被害者等給付金制度、被害者参加制度をご紹介したり、各種窓口をご案内したりすることもできます。

 

弁護士は、加害者の弁護をするだけと誤解されることがありますが、被害者の救済にも尽力しています。ぜひ弁護士にご相談ください。

 

 

→法テラス犯罪被害者支援について(犯罪被害者法律援助)

 

 

暴力団関係事件

「交通事故の被害者が暴力団関係者で、巨額の示談金を求められた」「所有している不動産を処分しようとしたら、いつのまにか暴力団の事務所になっていて明け渡しに応じてくれない」「友人から借りたはずの借金が、暴力団からの借金になっていて、厳しい取り立てにあっている」・・・・暴力団とは関係のない生活を送っていると思っていたのに、知らぬ間に暴力団と関わりを持つことになり、日夜不当な要求を受けて、追い詰められてしまうことが無いわけではありません。

 

暴力団から不当な要求を受けると、たいていの人は身の危険を感じ、お金で解決できるなら、と要求に応じてしまいがちです。

 

しかし、ひとたび要求に応じると、また次の理由をつけてさらに要求をエスカレートさせるのが暴力団です。

 

暴力団からの不当な要求に対しては、毅然とした態度で応じることが大切です。 とはいえ、暴力団を相手にひるまずに対応できる人はなかなかいらっしゃいません。

 

弁護士は、暴力団との対応、やりとりの一切をあなたに代わって行います。

 

また、面談禁止の仮処分などの法的措置をとり、暴力団関係者があなたに接触してくるのを防ぐこともできます。

 

弁護士に相談したことで、かえって危険な目にあうなどということはありません。

 

不当な要求に屈することなく、あなたとご家族を守るために、ぜひ弁護士にご相談ください。