債務の整理

個人の方の借金問題

いまは、カード1枚で簡単にお金が借りられる便利な時代です。そのため、自分の返済能力を超えて、知らず知らずのうちに多額の借金を抱え込み、借金の返済のためにまた借金をするという、いわゆる多重債務に陥るおそれもあります。

 

その結果、サラ金・クレジット業者の取立て等を苦に、転職、離婚、別居、自殺、犯罪などに追い込まれることもあります。

 

そのようなことにならないうちに、弁護士に相談してください。弁護士はまず業者からの取立てをやめさせます。その上で、借入先、借金の額、収入などの情報にもとづいて解決策を検討し、返済が可能なら返済計画を作成して借入先と交渉します。その結果、あなたの生活を脅かさない方法での借金の返済が可能になります。返済が困難な場合、裁判所に自己破産を申し立てるという手段もあります。
また、借金があると思っても、実は既に借金を完済していて、支払ったお金が返ってくることもあります。

 

借金で思いつめる前に、弁護士がいることを思い出してください。借金を整理することで、あなたが新たな一歩を踏み出せるよう努力することをお約束します。

 

 

法人の倒産・破産に関する問題

「取引先が倒産した」「期日の来る手形が落とせない」「従業員の給料が払えない」などというとき、社長であるあなたはどうしますか。

 

債権者に支払いを猶予してくれるよう頼みにいったり、銀行に融資を申し込んだりと、やらなければならないことがたくさんあります。冷静に考える余裕はほとんどないでしょう。

 

そんなときは、弁護士に相談してください。弁護士は、あなたの会社の立場に立って、今後の方針について、的確なアドバイスをします。

 

弁護士は、あなたの会社の財産状態を調査したり、債権者と交渉したりして、会社が再建できるかどうか検討します。その結果、再建できると判断した場合、民事再生などの手続をとります。再建できずに清算するときは、裁判所に破産の申立てをします。

 

あなたの会社のこれからを考えて、弁護士は活動します。