弁護士業務妨害への対策(弁護士業務妨害対策委員会)

活動の概要

日弁連では、各弁護士会が行う弁護士業務妨害事案の解決に関する諸活動を援助または指導することを目的として、弁護士業務妨害対策委員会を設置しています。


詳しい活動内容や最新情報

弁護士に対する業務妨害が増加し、しかもその手口が多様化するとともに凶悪化してきています。2010年には、6月2日に横浜弁護士会所属の弁護士が、11月4日に秋田弁護士会所属の弁護士が殺害されるという重大な業務妨害事件が発生しました。弁護士に対する業務妨害行為は、弁護士個人の生命・身体の安全をおびやかす点で許されないばかりでなく、もし、業務妨害行為をされた弁護士がこれを避けるために、普通ならば当然に行なうべき弁護活動をためらうような事態となれば、それは国民の皆様の法的権利が損なわれるという点でも放置できません。


そこで業務妨害を受けている弁護士を支援するために、次のような、さまざまな活動を行なっています。


  1. 横浜の事件、秋田の事件を現地で調査するなどの調査活動。
  2. 1つ1つの業務妨害行為を分析して、妨害行為の原因や対策を研究すること。
  3. パーソナリティ障害者による業務妨害行為が目につくことに鑑み、精神科医を招いてのパネルディスカッションの実施。
  4. 警察との連携強化。