弁護士制度の改善

市民のための弁護士・弁護士会をめざして

司法を市民に身近なもの、分かりやすいもの、納得できるものに改革し、市民が利用しやすい、充実した司法の実現に向けて努力をしております。日弁連は、1990年から司法改革運動を提唱し、市民と弁護士とのアクセスの改善を実現するため、法律相談事業の全国的展開、当番弁護士制度の実施などをすすめてきました。


司法制度改革は新たな段階を迎えています。日弁連は、弁護士を「国民の社会生活上の医師」として位置付けておりますが、この役割について市民の目線に立った見直しをしております。次代を担う若手法曹に対する教育や支援、弁護士の専門的知識・技能の維持・向上をはかるための弁護士業務研修・倫理研修・実務研修を充実させています。この他にも、弁護士業務の改革、弁護士の公益活動の義務化、弁護士情報の公開、弁護士会運営の透明化など多くの課題がありますが、一つ一つの解決に向けて着実に取り組みを進めています。


日弁連は国からの監督を受けない自治機関です。弁護士の品位を保持し、弁護士事務の改善進歩を図るため、全国全ての弁護士と弁護士会を指導・連絡・監督する唯一最高の機関なのです。日弁連は、資格審査会、懲戒委員会など弁護士法で設置が義務づけられた法定委員会を設置して弁護士の登録、資格審査、懲戒など身分に関する業務も厳格に行うだけでなく、弁護士職務基本規程の制定や非違行為の防止など、自治機関としての国民に対する責務を果たす活動に取り組んでいます。



 

活動一覧