• ENGLISH
  • 中文
  • 会員専用ページ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
  • サイト内検索
  • ホーム
  • 日弁連・弁護士について
  • 日弁連の活動
  • 法律相談ガイド
  • お知らせ
  • イベント
HOME > 日弁連の活動 > 会長声明・意見書等 > 意見書等 > year > 2013年 > 「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律案」に関する意見書

「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律案」に関する意見書

 

 2013年5月9日
日本弁護士連合会


 

本意見書について

日弁連は、2013年5月9日付けで「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律案」に関する意見書を取りまとめ、2013年6月4日付けで衆参両議院長、衆参法務委員会、各政党に提出しました。


本意見書の趣旨

内閣が第183回通常国会に提出した「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律案」は、曖昧な構成要件が定められるなど、処罰範囲を不当に拡大し、重罰化するなどの問題があるので、その成立に反対する。 

 

(※本文はPDFファイルをご覧ください)

  

PAGETOP
JFBA 日本弁護士連合会
copyright(c) Japan Federation of Bar Associations all rights reserved.