可視化PRうちわ「取調べの可視化で変えよう、刑事司法!」を作りました

日本弁護士連合会では、取調べの可視化(取調べの全過程の録画)を訴えるうちわを作成しました。

 

兵庫県弁護士会取調べの可視化実現本部が作成した取調べの可視化“ゆるキャラ”、「可視化オールくん」のイラストを配した、かわいくて実用的なうちわです。

 

節電を兼ねた取調べの可視化PRグッズとして、日弁連や弁護士会が開催または協力する集会等に参加された方々等に配布します。

 

御希望の方には、霞が関の弁護士会館の以下の場所で差し上げております。

  • 1階エレベーターホール脇のパンフレットボード
    ※配布時間:平日8時30分~19時
  • 15階の日弁連受付
    ※配布時間:平日9時30分~17時30分

※会員はお1人10本まで、一般の方はお1人3本までとさせていただきます。

※数に限りがございます。在庫がなくなり次第、配布を終了させていただきますので、御了承ください。

※なお、郵送による御注文には対応しておりませんので、御了承ください。

 

可視化PRうちわ  

うちわ裏画像「闇の中の取調べ」うちわ表画像「取調べの可視化で変えよう、刑事司法!」


 

「可視化オールくん」プロフィール

「取調室という密室の暗闇を照らす目を持つフクロウ。「オール」はフクロウという意味の英語「OWL」とともに、取調べの全過程(ALL)を録画する「可視化」を表しています。


1990年代に大阪で生まれ、雌伏20年の時を経て、取調べの可視化法制化元年の2014年に颯爽と登場しました。

 

 

お問い合わせ 

日本弁護士連合会法制部法制第二課
電話: 03-3580-9876 FAX: 03-3580-9920