名張毒ぶどう酒事件

事件の概要

1961年3月28日夜、三重県名張市葛尾の公民館で、地元の生活改善クラブ「三奈の会」の懇親会が行われました。この時、女性会員用に用意されていたぶどう酒の中に農薬が混入されており、乾杯と同時にそれを飲んだ女性会員のうち5人が死亡、12人が傷害を負うという事件が発生しました。


この死亡した5人の女性の中に被告人の妻及び愛人が含まれていたことから、被告人に殺人罪、殺人未遂罪の嫌疑をかけられました。被告人は当初否認していましたが、捜査機関の厳しい取調べにより自白に追い込まれ、その後、否認、自白と変転し、捜査の最終段階で再び否認し、以後一貫して無実を訴えています。


事件の経緯

第一審の津地裁は、(1)被告人以外の者にも犯行機会がある、(2)ぶどう酒の王冠上の傷痕は被告人の歯牙によって印象されたか不明である、(3)被告人の捜査段階の自白は信用できない、として、1964年12月23日に無罪判決を言い渡しました。


これに対して、検察官が控訴し、控訴審の名古屋高裁は、1969年9月10日、第一審判決を破棄し、一転して死刑判決を宣告しました。そして、1972年6月15日、最高裁によって上告も棄却され、控訴審の死刑判決が確定しました。


その後、被告人は再審請求を行い、第5次再審請求から日弁連が支援しています。


えん罪の疑いが強いこと

→多数の事件関係者は、事件発生当初、被告人以外の者の犯行機会を否定していませんでしたが、相当な日時を経過した後に一斉に供述を変更しています。しかも、証拠として提出されていない供述調書が多数存在していますが、未だに開示されていません。


また、弁護団が提出した新証拠により、証拠物の発見場所等から犯行場所を特定することはできず、被告人以外の者の犯行機会は否定できなくなりました。


→ ぶどう酒の王冠上の傷痕について、控訴審で検察官から提出された鑑定は、被告人の歯牙によって印象されたものと断定し、死刑判決の大きな根拠となりました。しかし、弁護団が提出した新証拠により、この鑑定は、写真の倍率を操作した虚偽鑑定、不正鑑定であることが明らかとなりました。


→ 被告人が所持していた農薬はN社製「ニッカリンT」でしたが、弁護団の提出した新証拠により、本件で使用された農薬は「ニッカリンT」ではなく、S社製「Sテップ」であるという可能性が非常に高くなりました。


また、本件のぶどう酒は白ぶどう酒ですが、弁護団が提出した新証拠により、「ニッカリンT」は赤色であり、これを混入するとぶどう酒が赤色に変色してしまうことも明らかになりました。


→ 被告人の捜査段階の自白についても、秘密の暴露がない、客観的事実と矛盾する、変遷が著しい、内容が不自然・不合理である等と極めて問題が多いものです。「三角関係の清算」という動機についても疑問視されています。


現在の状況

2005年4月5日、第7次再審請求において、名古屋高裁(刑事1部)は、被告人の主張を認め、再審開始と死刑執行停止を決定しました。しかし、これに対して検察官が異議申立を行い、2006年12月26日、名古屋高裁(刑事2部)は、再審開始と死刑執行停止を取り消しました。

 

2010年4月5日、最高裁は再審開始決定を取り消した異議審決定を更に取り消し、名古屋高裁に差し戻す決定をしました。

 

しかし、2012年5月25日、名古屋高裁(刑事2部)は再び再審開始決定を取り消し、2013年10月16日、最高裁もこれを追認しました。

 

2013年11月5日、弁護団は第8次再審請求申立を行いましたが、2014年5月28日、名古屋高裁(刑事1部)は、請求を棄却しました。同年6月2日、弁護団は名古屋高裁に異議申立を行いました。(2014年7月25日現在)